· 

ビタミンCの効果的な取り方

果物を食べる理由

栄養素の中でも気にしている人が多いビタミンCですが、どのように取っていますか?ビタミンCが入ったジュースやサプリメントもたくさんあり手軽なのですがやっぱり果物を食べて摂取することが一番効果が高いんです。

ビタミンCが体の中で作れないのは進化

ヒトや一部の哺乳類はビタミンCを体の中で作る事ができません。進化の過程で放棄したんです。

それは果物を取って食べることが簡単だったからでしょう。木に登れば直ぐ取れますし、動物を狩るのと違い危険がないし、果実の色が目立つからどこにあるか分かりやすいですよね。

ヒトの祖先の生活と果物は身近で果物を食べることが好きだったんでしょう。好きで好きで毎日食べるから体の中で作る事を止めたんでしょう。

 

ビタミンCを作ることが出来る動物はストレスを与えるとビタミンCを作り出すらしいです。果物を食べるとメンタル的に幸福感が増すという論文もあります。ヒトの祖先も果物を食べてストレスを感じなくなったのかもしれませんね。

 

ビタミンCの必要性

一日の必要量は50ミリグラムです。成人病の予防には倍の100ミリグラムが望ましいとのことです。

効能は

・毛細血管、歯、軟骨等を正常に保つ

・風邪などへの抵抗力を高める

・抗酸化作用による老化防止

・メラニン色素などの生成を防ぎ日焼け防止

・ガンを防ぐ

・ストレスを抑える

などなどたくさんの効果があります。

 

風邪の予防や日焼け防止は冬に気を付ける事です。ビタミンCを多く含むみかんが旬を迎えるのも冬ですし体のリズムと旬はうまくリンクしてますよね。

サプリメントやジュースでお手軽にで大丈夫?

ビタミンCを補うサプリメントやジュースはたくさんあります。それらを日常的に摂取する事は健康的でしょうか?

 

サプリメントの中のビタミンCはたくさん入っていても微量です。飲みやすさのために一粒があの大きさなのですがビタミンC以外はなにが入っているのか?それは余計なものを摂取していませんか?

 

科学的根拠に基づいた世界ガン研究基金とアメリカガン研究財団がまとめた研究では「ガン予防には果物が効果的」と摂取を進めていますが、食品などから抽出された成分のサプリメントは無効か有害であると評価しています。

 

 

サプリメントやジュースにはよくビタミンC1000mgやレモン何個分という表記があります。ビタミンCは水溶性で必要のない分は排泄されるから大丈夫と思われているのですが過剰摂取は良くないという研究結果もあるんです。

 

 

お手軽、簡単は良い事とは思うのですが何か大切なものを犠牲にしている事もあるんじゃないでしょうか。

 

数値だけじゃない果物の力

野菜にも勿論ビタミンCを含んだものはたくさんあるのですが、ビタミンCは水溶性で熱に弱くどうしても調理の過程で失われてしまいます。最もお手軽にビタミンCを摂取するには果物を毎日食べる事です。

 

実はりんごには100mg中ビタミンCが3mgしかないんです。果物の中では少ないほうです。しかし農学博士の田中敬一先生の実験によるとりんごを食べると血液中のビタミンCが34%増えたとあります。りんごにはビタミンCの吸収を助ける働きがあることが分かりました。果物には成分表には載っていない機能効果があります。旬の果物を食べて是非健康でストレスのない日々を送っていただけたらと思います。