旬には理由がある

 

自然が作る旬と人の体リズムはリンクしてると思いませんか?

 

暑い夏にうれしい酸味のきいたプラム

夏の疲れを癒してくれる甘いぶどう

冬への蓄えとなるりんご

 

我が園ではそんな旬の果物と皆様の生活を

美味しいと楽しいで結べたらと考えています

 

NEWS

40歳手前で思うこと

日本でも子供の7人に1人が貧困ということ知りました。

 

自分には何ができるか?

 

果物がまだまだ嗜好品という意識がある日本、子供の時に美味しい果物を食べないと大人になっても果物買わないんじゃないか。今、果物を買う人のほとんどが60歳以上の方です。

この先どうなってしまうのか不安です。

日本のクオリティーの高い果物は勢いのある海外と

日本の一部のセレブ向けになってもいいのでしょうか?

 

 

 

私は果物をもっと子供たちに食べてもらいたいと思うようになりました。

 

個人のボランティアでは経済的に続ける事に不安があります。

だから続ける為にいち事業体として携わろうと思いました。

 

浅沼果樹園は子供たちに果物を届けていますということを

我が園をサポート、応援してくれる方々と共有したいと思いました。

 

 

今年、我が家のりんごを小学校の給食に使って下さった神奈川県大和市の

草柳小学校、

 

知り合いに紹介いただいた千葉県いすみ市の養護学校、

軽井沢の児童養護施設軽井沢学園の職員の方々と

この想いをお話しさせて頂きました。

 

皆様、ご理解下さいましてありがたい事です。

 

 

先日、軽井沢学園に我が家のりんごジュースを届けに行ったとき

入口で二人の小さな女の子が遊んでいたのですが、

「こんにちは」

「こんにちは!」

「こんにちくわ!!」

と元気に笑顔でした。

 

この笑顔を少しでも守ることが浅沼果樹園にできたら最高と思います。

土壌医検定

懐かしいストーブと教室。

 

土壌医検定の受検で南安曇農業高校にやってきました。

ここの学校に来たのは初めてですが、

自分の母校もこんな感じでした。

 

土壌医検定は農業系ではめずらしく国が認めた資格です。

 

農産物を支える土づくり、勉強はしていたのですが、

資格が欲しくなりました。

 

まずは3級から。

すべては美味しい果物を作るためです!

サンふじ収穫開始です

今年はいつもの年より冷え込みが緩かったですが

ようやく寒波が来ました。

 

まわりの山も積雪が見えてきました。

 

おいしいふじにはやはり”寒さ”は重要で今日から収穫を開始しました。

例年に比べかなり遅い開始になりました。

 

今日は11月23日で「いいふじ」の日です。

今日までに商品として並ぶのが売れるタイミング

とは分かっているのですが、

やっぱり美味しいふじを食べてもらいたい!

糖度18度オーバー!

 

今年も美味しいふじが採れました。

 

発送がいつもより遅くなりご迷惑おかけしますが

是非おいしいふじを食べてください!

我が家の果物

おいしいすもも

紅りょうぜん

(プラム)

7月下旬頃

おいしい巨峰

巨峰

(ぶどう)

9月初旬頃

おいしいすもも

秋姫

(プラム)

9月中旬頃

 



おいしい梨

南水

(梨) 

9月下旬頃

おいしいシャインマスカット

シャイン

マスカット

(ぶどう)

10月中旬頃

おいしいりんご

ふじ

(りんご) 

11月下旬頃